展覧会

特別展

ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵
レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像

2013年4月23日(火)~6月30日(日)

ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵 レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像ポスター

ミラノのアンブロジアーナ図書館・絵画館が所蔵する、レオナルド・ダ・ヴィンチの油彩画《音楽家の肖像》と、スケッチやメモを編纂した『アトランティコ手稿』を中心に、レオナルドの芸術と、彼の影響を受けた「レオナルデスキ」と呼ばれる画家たちの油彩画、素描など約100点を紹介し、レオナルド芸術の真髄とその広がりを展覧します。

イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)。本展は、アンブロジアーナ図書館・絵画館が所蔵するミラノ時代のレオナルドの傑作《音楽家の肖像》と、レオナルド直筆のメモや素描を集成した手稿本『アトランティコ手稿』に収められた22葉を一堂に集め、レオナルド作品の魅力とその思考の過程を探るとともに、ベルナルディーノ・ルイーニやジャンピエトリーノら、レオナルド派の芸術家たち(レオナルデスキ)の油彩画、および同図書館・絵画館が所蔵する素描コレクションから精選した珠玉の素描群を通して、レオナルド作品の影響と、イタリアのルネサンス以降の素描の歴史における素描家レオナルドの重要性を明らかにします。
ミラノの大司教であったフェデリコ・ボッロメオ枢機卿によって17世紀初頭に設立されたアンブロジアーナ図書館・絵画館のコレクションが日本で紹介されるのは今回が初めてのことです。この貴重な機会に、歴史あるコレクションと天才芸術家の卓越した遺産をご堪能ください。

主な作品
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ《音楽家の肖像》

    レオナルド・ダ・ヴィンチ《音楽家の肖像》
    1485年頃 油彩、板

  • ベルナルディーノ・ルイーニ《聖家族と洗礼者聖ヨハネ》

    ベルナルディーノ・ルイーニ《聖家族と洗礼者聖ヨハネ》
    1526-30年頃 油彩、ポプラの板

  • ベルナルディーノ・ルイーニ《幼子イエスと子羊》

    ベルナルディーノ・ルイーニ《幼子イエスと子羊》
    1526-30年頃 テンペラ、油彩、板

  • レオナルド・ダ・ヴィンチと弟子《頭部の素描、作品リスト、アタランテ・ミリオロッティの肖像に関する言及》

    レオナルド・ダ・ヴィンチと弟子《頭部の素描、作品リスト、アタランテ・ミリオロッティの肖像に関する言及》
    『アトランティコ手稿』第888紙葉表1482-83年頃

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2013年4月23日(火)~6月30日(日)
会場
企画棟 企画展示室
休室日
毎週月曜日、5月7日(火)(ただし、4月29日(月)、5月6日(月)は開室)
開室時間
午前9時30分から午後5時30分まで(入室は午後5時まで)
夜間開室
毎週金曜日は午前9時30分から午後8時まで(入室は午後7時30分まで)
観覧料
当日券 | 一般 1,500円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000
団体券 | 一般 1,300円 / 学生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※団体割引の対象は20名以上
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※毎月第3水曜日(平成25年5月15日、6月19日)はシルバーデーにより、65歳以上の方は無料
※毎月第3土・翌日曜日は家族ふれあいの日により、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)は一般当日料金の半額
※いずれも証明できるものをご持参ください
主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、TBS、朝日新聞社
後援
外務省、イタリア大使館、BS-TBS、TBSラジオ、J-WAVE
協賛
日本生命、日本写真印刷
学術協力
東京大学大学院人文社会系研究科
協力
アリタリア-イタリア航空、アルテリア、日本貨物航空、日本通運
お問合せ先
東京都美術館 交流係 TEL:03-3823-6921(代)

閉じる

イベント情報

イベント情報
○【終了】レオナルド・ダ・ヴィンチ展記念音楽会
2013年6月9日(日) 午後2時開演・1時30分開場(午後3時終演予定)
会場:東京都美術館講堂(定員230名)

プログラム(プログラムは都合により変更の生じる場合があります)
1.フランス風バッロ《恋人》(ドメニコ・ダ・ピアチェンツァ)
Amoroso (Domenico da Piacenza)
2.フロットラ《愛しい人よ、あなたを想う私の愛を》(ジャコモ・フォリアーノ)
~ バッロ《レオンチェッロ》(ドメニコ・ダ・ピアチェンツァ)
L’amor, donna (Giacomo Fogliano) ~Leoncello (Domenico da Piacenza)
解説1「Rebus musicaliについて」
3.愛は喜びを与えてくれるが(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
Amore la mi fa sol (Leonardo da Vinci)
4.ヴィッロッタ《スカラメッラは戦争に行く》(ジョスカン・デ・プレ)
Scaramella (Josquin des Prez)
解説2「リラ・ダ・ブラッチョについて」
5.謝肉祭歌《バッカスとアリアドネーの勝利》(ロレンツォ・デ・メディチ)
Il trionfo di Bacco e Arianna (Lorenzo de Medici)
解説3「リラ&レオナルド考案の楽器について」
6.美味しいパンだよ、焼きたてだよ(作者不詳)
~ ロンド(ティールマン・スザート)
Pan de miglio caldo (Anon.) ~Rondo (Tielman Susato)
解説4「音楽家の肖像について」
7.トゥルディオン(ピエール・アテニャン)
Tourdion (Pierre Attaignant)
8.花咲く頃にある限り(クローダン・ド・セルミジ)
Tant que vivray (Claudin de Sermisy)
9.謝肉祭歌《粉を挽きませんか?お嬢さん》(作者不詳)
Alle Stamgne [Canto degli spazzacamini] (Anon: Montecassino MS 871)

演奏・アントネッロ
彌勒忠史(みろく ただし:カウンター・テノール)
なかやまはるみ(なかやま はるみ:リラ・ダ・ブラッチョ/ヴィオラ・ダ・ガンバ)
石川かおり(いしかわ かおり:ヴィオラ・ダ・ガンバ)
西山まりえ(にしやま まりえ:ルネサンス・ハープ)
濱田芳通(はまだ よしみち:リコーダー/コルネット/音楽監督)
○【終了】「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」記念講演会
4月23 日(火) 「ミラノの宮廷画家:レオナルド・ダ・ヴィンチ」
講師:サンドリーナ・バンデラ(ミラノ文化財省監督局長官)逐次通訳付

5月18日(土) 「画家レオナルド・ダ・ヴィンチ─稀代の素描家にして思索家─」
講師:小佐野 重利(東京大学大学院人文社会系研究科教授)

6月1日(土) 「レオナルド・ダ・ヴィンチと肖像画」
講師:小林明子(東京都美術館学芸員)

閉じる

担当学芸員インタビュー

担当学芸員インタビュー