展覧会

特別展

エル・グレコ展 El Greco's Visual Poetics

2013年1月19日(土)~4月7日(日)

エル・グレコ展 El Greco's Visual Poeticsポスター

国内最大規模のエル・グレコ回顧展

本展覧会では、プラド美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館など、世界の名だたる美術館やトレドの教会群から油彩およびテンペラ画51点が集結。高さ3メートルを超える祭壇画の最高傑作の一つ《無原罪のお宿り》も初来日し、国内史上最大のエル・グレコ展となります。

没後400年を迎えるスペイン絵画の巨匠エル・グレコの大回顧展。
エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプーロス、1541~1614年)は16世紀から17世紀にかけてのスペイン美術の黄金時代に活躍し、ベラスケス、ゴヤとともにスペイン三大画家の一人に数えられます。ギリシャのクレタ島に生まれ、ヴェネツィア、ローマでの修行を経てスペインのトレドにたどりついたエル・グレコは、揺らめく炎のように引き伸ばされた人物像が印象的な宗教画や、モデルの人となりをも描き出す独自の肖像画で、当時の宗教関係者や知識人から圧倒的な支持を得ました。ピカソら20世紀の巨匠たちからも、その作品は高く評価されています。
本展覧会では、プラド美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館など、世界の名だたる美術館やトレドの教会群から油彩およびテンペラ画51点が集結。高さ3メートルを超える祭壇画の最高傑作の一つ《無原罪のお宿り》も初来日し、国内史上最大のエル・グレコ展となります。

■主な出品作品:《フェリペ2世の栄光》(1579-1582年、エル・エスコリアル修道院、スペイン)、《悔悛するマグダラのマリア》(1576年頃、ブダペスト国立西洋美術館)、《聖マルティヌスと乞食》(1599年頃、奇美博物館、台南、台湾)、《修道士オルテンシオ・フェリス・パラビシーノの肖像》(1611年、ボストン美術館)、ほか

主な作品
  • エル・グレコ《修道士オルテンシオ・フェリス・パラビシーノの肖像》

    エル・グレコ《修道士オルテンシオ・フェリス・パラビシーノの肖像》
    1611年、ボストン美術館

  • エル・グレコ《受胎告知》

    エル・グレコ《受胎告知》
    1576年頃、ティッセン=ボルネミッサ美術館、マドリード

  • エル・グレコ《悔悛するマグダラのマリア》

    エル・グレコ《悔悛するマグダラのマリア》
    1576年頃、ブダペスト国立西洋美術館

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2013年1月19日(土)~4月7日(日)
会場
企画棟 企画展示室
休室日
毎週月曜日、2月12日(火) (ただし、2月11日(月)は開室)
開室時間
午前9時30分から午後5時30分まで(入室は午後5時まで)
夜間開室
毎週金曜日は午前9時30分から午後8時まで(入室は午後7時30分まで)
観覧料
前売券 | 一般 1,300円 / 学生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000
団体券 | 一般 1,300円 / 学生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※団体割引の対象は20名以上
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※毎月第3水曜日(平成25年2月20日、3月20日)はシルバーデーにより、65歳以上の方は無料
※毎月第3土・翌日曜日は家族ふれあいの日により、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)は一般当日料金の半額
※いずれも証明できるものをご持参ください
主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
後援
外務省、スペイン大使館
協賛
損保ジャパン、大日本印刷、竹中工務店、ソフトニック
協力
スペイン政府観光局、エールフランス航空、全日本空輸

閉じる

イベント情報

イベント情報
○関連レクチャーコンサート【終了しました】
「ギターと絵画の交わるところ:スペイン」
ギター演奏とスライドトークを組み合わせ、音楽と美術を一度に楽しめるコンサートです。エル・グレコの活躍したスペインの芸術文化における、「スペイン的」なものとは一体何なのか? どうやって作られてきたのか? その秘密を音楽と美術の両面から多角的に解き明かします。2010年以来東京、長崎、長野など全国で公演を重ね、会場を沸かせてきた二人が絶妙なコンビネーションで送る、スペシャル・イベントです。
■日時:平成25年3月23日(土) 14:00開演(13:30開場)
○記念講演会【終了しました】
「エル・グレコ~“見えるもの”と“見えないもの”を描く画家~」
■日時:2013年1月19日(土) 14:00~
■講師:フェルナンド・マリーアス(本展監修者、マドリード自治大学教授、スペイン王立歴史アカデミー会員)

閉じる