展覧会

連携展

TOKYO 書 2014 公募団体の今

2014年1月4日(土)~1月16日(木)

TOKYO 書 2014 公募団体の今ポスター

TOKYOの今を感じる書が都美に集結

本展は、全国(関東拠点)の主要公募団体の中から東京都美術館公募展活性化企画審査会【書部門】の審査を経て選定した18団体の合同展覧会です。 各団体が推薦する若手から中堅作家までを含む、38名の作家を一堂に紹介するもので、今回が第2回展となります。

作家1人あたり10mの壁面の中に全員が新作を出品する本展では、旬の作家が今だからこそ書ける作品をご覧いただけます。 多彩なジャンルの書作品は、書の枠に留まらず、美術やデザインの観点からもお楽しみいただけるでしょう。 TOKYOに集結する書の今、どうぞご期待ください。

参加団体(団体名五十音順)
奎星会、謙慎書道会、玄潮会、現日会、書海社、書星会、書壇院、書道一元會、書道芸術院、創玄書道会、朝聞書会(2013年9月1日に東京書道会より改称)、貞香会、東洋書芸院、独立書人団、日本刻字協会、日本書作院、日本書道美術院、藍筍会

主な作品
  • 「TOKYO 書 2013」会場風景

    [謙慎書道会] 吉澤大淳《欝雲起》
    2010年

  • 「TOKYO 書 2013」会場風景

    [玄潮会] 望月大耿《一白》
    2012年

  • 「TOKYO 書 2013」会場風景

    [現日会] 幡野虹舟《論語》
    2013年

  • 「TOKYO 書 2013」会場風景

    [書道一元會] 雨宮太虚《不求》
    2011年

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2014年1月4日(土)~1月16日(木)
※1月6日(月)は休室
会場
公募展示室 ロビー階第1・第2
開室時間
9:30~17:30まで(入場は閉室の30分前まで)
※1月4日(土)は13:00より開室
観覧料
一般 500円 / 団体(20名以上) 400円 / 65歳以上 300円 / 学生以下 無料
※1月15日(水)は「シルバーデー」により、65歳以上の方は無料
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添の方(1名)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
※都内の小学・中学・高校生、並びにこれらに準ずる方と引率の教員が学校教育活動として観覧するときは、引率の教員は無料
(事前申請が必要)

閉じる

イベント情報

イベント情報

○アーティストトーク

出品作家が作品の前で制作経緯や技法、書への思いなどを自由に語ります。18団体から1名ずつ、3日間で計18作家が登場する予定です。出品作家との出会いや対話をお楽しみください。

日時:2014年1月11日(土)、12(日)、13(月・祝)、各日とも13:00~
場所:東京都美術館 公募展示室 ロビー階第1・第2(展覧会会場)
※事前申込は不要ですが、当日の観覧券が必要です。参加作家は都合により変更になる場合があります。

時間 1月11日(土) 1月12日(日) 1月13日(月・祝)
13:00~13:20 伊藤 慈恩 [書星会] 山口 啓山[謙慎書道会] 戸塚 光胤[書海社]
13:25~13:45 幡野 虹舟[現日会] 鈴木 蓮徑[貞香会] 吉田 菁風[日本書道美術院]
13:50~14:10 井上 光基[日本書作院] 長澤 幽篁[書壇院] 種谷 萬城[書道芸術院]
14:15~14:35 井上 都洞[日本刻字協会] 河野 隆志[奎星会] 岩嶋 巌峰[独立書人団]
14:40~15:00 雨宮 太虚[書道一元會] 奥江 晴紀[藍筍会] 堀江 宣久[東洋書芸院]
15:05~15:25 野口 岱寛[朝聞書会] 蓮見 光春[創玄書道会] 望月 大耿[玄潮会]
○学校団体のための作品鑑賞プログラム
本展は学校教育活動の一環で見学に来館する児童生徒に対して、本展担当学芸員が鑑賞授業を行います。書写・書道のほか、図工・美術、国語や総合的な学習の時間など、他教科と連携した授業の実現にもご活用いただけます。

こどもたちとの対話を中心に鑑賞を行うことで、観察力や、想像力、語彙力、会話力などを育成します。そのほか、先生方の研究会などでの鑑賞会も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

閉じる

同時開催

同時開催

富士をみつめてポスター

富士山が世界遺産に登録されたことを記念して、当館が所蔵する安東聖空の《富士》と《不二》という2作品を中心とした展覧会を開催いたします。
■会期:2014年1月4日(土)~1月16日(木)
 ※1月6日(月)は休室
■開室時間:9:30~17:30(入場は閉室の30分前まで)
 ※1月4日(土)は13:00より開室
■主催:東京都、東京都美術館
■会場:ギャラリーB
■観覧料:無料

閉じる