お知らせ

レストラン モネ展限定メニューのご案内

2015/9/19

特別展「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」の開催を記念して、レストラン「IVORY」では期間限定のスペシャルメニューをご提供しております。特別展会期中(9月19日<土>~12月13日<日>)、モネのレシピにIVORYのエッセンスを加えたコースメニューをお楽しみいただけます。

「モネ展」バナー
「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」 特別コース (\4,500)
*席のご予約を受け付けております。 TEL 03-5809-0940(IVORY直通)
モネの自宅より発見された料理のレシピ。
有名画家の手によるレシピという珍しさから、料理界でもとても話題となりました。
モネは造園と料理の趣味にも深く没頭していたと言われています。
そんなモネが食した料理の中から選りすぐり、IVORYのエッセンスを加えて仕上げます。
新鮮な季節の素材と、その歴史を一緒にお楽しみください。

富士サーモンのタルタル ハーブのサラダと共に

【Appetizer】
富士サーモンのタルタル ハーブのサラダと共に

モネはジヴェルニーの庭園の池で好物の魚を飼い、庭では、ハーブや野菜を育てていたそうです。この料理は数種類のハーブを和えたサラダを散りばめ、モネの愛したジヴェルニーの庭園を表現しました。

キノコのクリームスープ 秋のトリュフの香り

【Soup】
キノコのクリームスープ 秋のトリュフの香り

モネが生涯の半生を過ごしたと言われるジヴェルニー。その近くの野山にはたくさんのキノコや、野菜が採れたと言われています。モネは朝早くからそのキノコを採りに行くほど大好物だったそうです。今回は日本で栽培されている花びら茸や、トキイロヒラタケなど4種類をシンプルなクリームスープに仕立てました。

フランス産マグレ鴨のロティ ソースシャスール

【Main Dish】
フランス産マグレ鴨のロティ ソースシャスール

モネが狩猟に出かけその猟肉を捌き、調理する様子を思い描き、表現しました。鴨は低温調理し、表面のみをポワレしてオーブンでじっくり焼き上げます。マッシュルームやトマト、エストラゴンの旨みを凝縮したコクのあるシャスール(狩人・猟師)ソースと共に。

フランス産マグレ鴨のロティ ソースシャスール

【Dessert】
ラム酒を利かせたクレームキャラメル バナナのアイスを添えて

『モネの食卓』より。口当たり滑らかに仕上げたIVORY特製プリンに、自家製バナナのアイスを添えました。モネはプリンにラム酒とキャラメルをかけて召し上がられていたそうです。コースの最後を締めくくる一皿をお楽しみください。