お知らせ

レストラン&カフェ 「ポンピドゥー・センター傑作展」限定メニューのご案内

2016/6/9

特別展「ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―」の開催を記念して、レストランやカフェでは期間限定のスペシャルメニューをご提供しております。特別展会期中(6月11日[土]~9月22日[木・祝])、レストラン「IVORY」ではコースメニューを、レストラン「MUSEUM TERRACE」とカフェ「M cafe」では、デザートメニューお楽しみいただけます。

「ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―」バナー
「ポンピドゥー・センター傑作展」 特別コース (¥4,428)
*席のご予約を受け付けております。 TEL 03-5809-0940(IVORY直通)
フランスを代表する近現代美術の殿堂、ポンピドゥー・センター。その世界屈指のコレクションの中から、ピカソやマティスなど誰もが知る巨匠たちにスポットを当てながらイメージした料理をコース仕立てにご用意いたしました。

蕎麦粉のガレット 半熟卵と2種のチーズ

フランス産アルゴアポークのロティ・ア・ラ・ニソワーズ オレンジのソース

苺のパリ・ブレスト

【appetizer】
蕎麦粉のガレット 半熟卵と2種のチーズ
一品目は、ラウル・デュフィが生まれたノルマンディー地方の郷土料理。酪農盛んな地域で、パルメザンチーズのチュイールにさっぱりとしたリコッタチーズを添えて、こちらもノルマンディー特産のシードルビネガーのサラダとご一緒にお召し上がりください。

【soup】
パリソワール アンチョビのアクセント
ポンピドゥー・センターがあるパリ。そのパリの夕暮れ…をイメージした見た目も美しいスープ。ジャガイモの冷製スープ“ヴィシソワーズ”をコンソメのジュレに注ぎます。ピカソが愛した港町コリウールの特産、アンチョビのクルトンがコクと深みを引き出します。

【main dish】
フランス産アルゴアポークのロティ・ア・ラ・ニソワーズ
オレンジのソース

きめの細かい肉質で、繊細でやさしい味わいが特徴のフランス産アルゴアポークを、マティスが晩年を過ごした街、ニース風に仕上げています。地中海の恵み豊かな食材とご一緒にお楽しみください。

【dessert】
苺のパリ・ブレスト
1891年に自転車レース「パリ・ブレスト・パリ」の開催を記念して考案された自転車の車輪の形をしたお菓子として知られるフランスの代表の菓子“パリ・ブレスト”。爽やかな甘酸っぱい苺とマスカルポーネを挟んだ、暑い夏にぴったりのデザートです。

フルーツ ヨーグルトフローズンと紅茶とホワイトチョコクリームのケーキ

[MUSEUM TERRACEのみでご提供]
フルーツ ヨーグルトフローズン (¥680)
紅茶とホワイトチョコクリームのケーキ (¥920)

レストランMUSEUM TERRACE

フランボワーズとピーチのフローズン

[M cafeのみでご提供]
フランボワーズとピーチのフローズン (¥750)

カフェ M cafe