アート・コミュニケーション・プログラムとは?

アートを媒介として、人々のつながりを育む活動をしています。美術館が作品を鑑賞する場にとどまらず、鑑賞を「体験」として、より深める場所になるように、さまざまなプログラムを実施しています。人と作品、人と人、人と場所をつなぎ、美術館に集まる多種多様な人々とのコミュニケーションを大切にし、そこから創出される新しい価値を社会に届けることで、アートを介したコミュニティを育んでいくことを目的にしています。

アート・コミュニケーション・プログラム ロゴ
プログラム一覧

障害のある方のための特別鑑賞会

障害のある方のための特別鑑賞会

普段は混雑している特別展を障害のある方が安心して鑑賞できるよう、休室日に開催する鑑賞会です。事前申込制で年に4回開催しています。

建築ツアー

建築ツアー

展覧会だけではなく、「美術館の建物そのものも楽しんでほしい!」そんな思いから始まったツアーです。アート・コミュニケータがご案内します。

とびらボード

とびらボード

特別展では中学生までのこどもたちに磁気式のお絵かきボードを無料で貸し出しています。作品をじっくり観察して、スケッチにチャレンジ!

キッズデー

キッズデー

普段は休室日の月曜日を開室する、こどものための特別な日「キッズデー」。こども専用の日だからこそ、ゆったり楽しめたり、プログラムも満載!

先生向けプログラム

先生向けプログラム

学校の先生のための研修プログラムです。「美術館をよく知って、上手に活用してもらう」ために、鑑賞の体験や事例をご紹介します。

とびらプロジェクト

とびらプロジェクト

東京都美術館と東京藝術大学が連携して運営するプロジェクトです。アート・コミュニケータがプレーヤーとして活躍しています。

ミュージアムスタート・あいうえの

ミュージアムスタート あいうえの

上野公園に集まる9つの文化施設が連携して、こどもたちの「ミュージアム・デビュー」を応援するプログラムです。

資料ボックス

資料ボックス

現在配布中の印刷物や、これまでに配布した印刷物をダウンロードしていただくことができます。こども向けの「展覧会ジュニアガイド」はこちらから。