展覧会

特別展

コートールド美術館展 魅惑の印象派

Masterpieces of Impressionism: The Courtauld Collection

2019年9月10日(火)~12月15日(日)

ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介します。実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設です。本展覧会では、その研究機関としての側面にも注目し、画家の語った言葉や同時代の状況、制作の背景、科学調査により明らかになった制作の過程なども紹介し、作品を読み解いていきます。
日本の風景のようだと語られたファン・ゴッホによるアルルの風景《花咲く桃の木々》、19世紀後半の近代都市パリの風俗を映すルノワールの《桟敷席》やマネの《フォリー=ベルジェールのバー》、科学調査が作品の秘密を解き明かしたゴーガンの《ネヴァーモア》やモディリアーニの《裸婦》などをはじめ、選りすぐりの絵画・彫刻約60点を展示します。

主な作品

主な作品
  • エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》

    エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1881-82年

  • ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》

    ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》1874年

  • ポール・セザンヌ《カード遊びをする人々》

    ポール・セザンヌ《カード遊びをする人々》1892-96年頃

  • ポール・ゴーガン《ネヴァーモア》

    ポール・ゴーガン《ネヴァーモア》1897年

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2019年9月10日(火)~12月15日(日)
会場
企画展示室
休室日
月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
※ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料
(未定)
主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション
後援
ブリティッシュ・カウンシル
協賛
凸版印刷、三井物産、ダイキン工業
特設WEBサイト
https://courtauld.jp
お問い合わせ先
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

閉じる

イベント情報

イベント情報
○障害のある方のための
特別鑑賞会 事前申込制

普段は混雑している特別展を障害のある方が安心して鑑賞できるように、休室日に鑑賞会を開催します。


日時
2019年10月28日(月) 10:00~16:00
対象
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方各回350名とその介助者(1名まで)
申込期間
2019年9月2日(月)~2019年9月23日(月・祝)
詳細はこちら>>

閉じる

その他の展覧会