展覧会

企画展

Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる

Walls & Bridges ― Touching the World, Living the World

2020年7月18日(土)~10月9日(金)

新型コロナウイルス感染拡大の影響により欧州の美術館等からの作品借用が困難となったため、本日程での開催は中止し、開催日程等は改めて公表いたします。

東勝吉(1908-2007)、増山たづ子(1917-2006)、シルヴィア・ミニオ=パルウエルロ・保田(1934-2000)、ズビニェク・セカル(1923-1998)、ジョナス・メカス(1922-2019)。本展でご紹介する5人は、表現へといたる情熱の力によって、自らを取巻く障壁を、展望を可能にする橋へと変え得たつくり手でした。彼らにとっての表現とは、「よりよく生きる」ために必要な行為であり、生きる糧として、なくてはならないものだったのです。
5人のまったく異なる背景から生まれた作品のアンサンブル――絵画、彫刻、写真、映像――には、記憶という言葉から導かれる、不思議な親和性があるように思われます。何ら交わることのなかった軌跡が、ある世界へと見るものを誘う想像・創造の連鎖。本展では、生きるよすがとしてのアートの魅力にふれていただきたいと考えています。

主な作品

主な作品
  • ズビニェク・セカル《球体と日本の矢尻のある箱》1989-1992年 個人蔵

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報

会期
2020年7月18日(土)~10月9日(金)
会場
ギャラリーA・B・C
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
特設WEBサイト
https://www.tobikan.jp/wallsbridges

閉じる

その他の展覧会