展覧会

特別展

永遠の都ローマ展

Rome, the Eternal City: Masterpieces from the Capitoline Museums’ Collection

2023年9月16日(土)~12月10日(日)

永遠の都ローマ――二千年を超える栄えある歴史と比類なき文化は、古代には最高神をまつる神殿がおかれ、現在はローマ市庁舎のあるカピトリーノの丘を中心に築かれました。その丘に建つカピトリーノ美術館は、世界的にもっとも古い美術館の一つに数えられます。同館のはじまりは、ルネサンス時代の教皇シクストゥス4世がローマ市民に4点の古代彫刻を寄贈したことにさかのぼります。古代遺物やヴァチカンに由来する彫刻、またローマの名家からもたらされた絵画など、その多岐にわたる充実したコレクションは、古代ローマ帝国の栄光を礎に、ヨーロッパにおける政治、宗教、文化の中心地として発展したローマの歩みそのものにも重ねられます。
本展は、カピトリーノ美術館の所蔵品を中心に、建国から古代の栄光、教皇たちの時代から近代まで、約70点の彫刻、絵画、版画等を通じて、「永遠の都」と称されるローマの歴史と芸術を紹介します。
なお、2023年は、日本の明治政府が派遣した「岩倉使節団」がカピトリーノ美術館を訪ねて150年にあたります。使節団の訪欧は、のちの日本の博物館施策に大きな影響を与えることになりました。この節目の年に、ローマの姉妹都市である東京、さらに福岡を会場として、同館のコレクションをまとめて日本で紹介する初めての機会となります。

みどころ
○みどころ
  1. 1. 永遠の都、二千年の美をめぐる
    建国神話にはじまり、古代ローマ時代の栄光、芸術の最盛期を迎えたルネサンスからバロック、そして芸術家たちの憧れの地となった17世紀以降の時代まで、「永遠の都」ローマをめぐり生み出された壮大なる美の歴史をたどります。
  2. 2. 必見!カピトリーノ美術館のコレクション
    教皇のコレクションを核に設立され、1734年に一般公開が始まったカピトリーノ美術館は、世界的にもっとも歴史の古い美術館の一つに数えられます。ローマの観光地としても人気の高い同館のコレクションのなかから選りすぐりの名品をご覧いただけます。
  3. 3. 頭部だけで約1.8メートル!迫力の巨大彫刻
    古代ローマ帝国の栄華を象徴する《コンスタンティヌス帝の巨像》。本展では一部を原寸大で複製した作品を展示します。迫力ある巨大彫刻を間近でご覧いただき、ローマ皇帝だからこそなしえたダイナミックな古代芸術を体感してください。
  4. 4. 門外不出の傑作《カピトリーノのヴィーナス》、奇跡の初来日!
    古代ローマ彫刻の傑作《カピトリーノのヴィーナス》が来日します。カピトリーノ美術館以外では滅多に見ることができない門外不出の作品です。

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報

会期
2023年9月16日(土)~12月10日(日)
会場
企画展示室
休室日
月曜日、9月19日(火)、10月10日(火)
※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開室
開室時間
9:30~17:30、金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

前売券 | 一般 2,000円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 65歳以上 1,300


当日券 | 一般 2,200円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 65歳以上 1,500


・高校生以下無料。
・身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料。
・高校生、大学生・専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示ください。

※土日・祝日のみ日時指定予約制(当日の空きがあれば入場可)
※詳細は展覧会公式サイトをご覧ください。

本展チケットは転売を禁止しております。不正に転売されたチケットに関するトラブルについては一切責任を負いませんので、ご注意ください。
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション
共催
ローマ市、ローマ市文化政策局、ローマ市文化財監督局
後援
駐日イタリア大使館
協賛
JR東日本、大和ハウス工業、DNP大日本印刷
協力
ITAエアウェイズ、日本貨物航空
展覧会公式サイト
https://roma2023-24.jp

閉じる

その他の展覧会