展覧会

特別展

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

Tanaka Isson: Light and Soul

2024年9月19日(木)~12月1日(日)

自らの芸術の探究に生涯を捧げた画家・田中一村(たなか・いっそん/1908-1977)。
本展は、一村の神童と称された幼年期から、終焉の地である奄美大島で描かれた最晩年の作品まで、その全貌をご紹介する大回顧展です。
世俗的な栄達とは無縁な中で、全身全霊をかけて「描くこと」に取り組んだ一村の生涯は、「不屈の情熱の軌跡」といえるものでした。
自然を主題とする澄んだ光にあふれた絵画は、その情熱の結晶であり、静かで落ち着いた雰囲気のなかに、消えることのない、彼の魂の輝きをも宿しているかのようです。
本展は、奄美の田中一村記念美術館の所蔵品をはじめ、代表作を網羅する決定版であり、近年発見された資料を多数含む構成により、この稀にみる画家の真髄に迫り、「生きる糧」としての芸術の深みにふれていただこうとする試みです。

みどころ
○みどころ
  1. 1. 最大規模の回顧展!
    絵画作品を中心に、スケッチ・工芸品・資料を含めた250件を超える作品で、一村の全貌に迫ります。
    奄美で描いた代表作《不喰芋(くわずいも)と蘇鐵》、《アダンの海辺》はじめ、未完の大作も展示。近年発見された初公開作品も多数出品し、未知の軌跡もたどります。
  2. 2. 一村ゆかりの地、上野での展覧会がついに実現!
    現在の東京藝術大学に東山魁夷等と同級で入学したものの、2ヶ月で退学。
    その後は独学で自らの絵を模索した一村。
    「最後は東京で個展を開いて、絵の決着をつけたい」と述べたその機会が訪れます。
  3. 3. 奄美の文化や自然を体感!
    展示空間の中で、一村が魅了された奄美の自然を高精細映像で紹介。
    会期中に奄美の文化を紹介する関連イベントも実施します。

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報

会期
2024年9月19日(木)~12月1日(日)
会場
企画展示室
休室日
月曜日、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
※ただし、9月23日(月・休)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室
開室時間
9:30~17:30、金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

一般 2,0001,800円) / 大学生・専門学校生 1,300円(1,100円) / 65歳以上 1,500円(1,300円)


  • ・( )内は前売料金。
  • ・高校生以下無料。
  • ・身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料。
  • ・高校生、大学生・専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示ください。
  • ※土日・祝日及び、11月26日(火)以降は日時指定予約制(当日の空きがあれば入場可)
  • ※詳細は展覧会公式サイトをご覧ください。
本展チケットは転売を禁止しております。不正に転売されたチケットに関するトラブルについては一切責任を負いませんので、ご注意ください。
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、鹿児島県奄美パーク 田中一村記念美術館、NHK、NHKプロモーション、日本経済新聞社
協賛
DNP大日本印刷、日本典礼
展覧会公式サイト
https://isson2024.exhn.jp

閉じる

その他の展覧会