クリエイティブ・エイジング(シニア世代対象)

クリエイティブ・エイジング(シニア世代対象)の様子1

クリエイティブ・エイジング(シニア世代対象)の様子2

誰もがクリエイティブに歳を重ねられる社会を目指し、シニア世代の方々を対象にした参加型の鑑賞や異世代交流の機会、認知症のある方を対象にしたプログラムなどを企画しています。

アート・コミュニケータと一緒に楽しむおうちでゴッホ展

当館で開催中の「ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」にあわせて、認知症の方やそのご家族を対象に、来日しているゴッホの名作を、自宅にいながらパソコンで楽しめる機会を作ります。東京都美術館を拠点に活動するアート・コミュニケータと一緒に、作品をよくみて、そこから発見したことや、心に浮かんだことについて楽しくおしゃべりをします。

開催日時

2021年11月23日(火・祝) 15:00〜16:00

開催場所

ご自宅等からオンラインでのご参加

対象・定員

認知症もしくは認知症の傾向がみられる方とその家族や介助者15組(先着順)

参加費

無料
※プログラムへの参加は無料ですが、プログラム参加・視聴に係るインターネットの接続費用はご自身の負担となります。

参加条件

プログラムはウェブ会議システム「Zoom」を用いて実施しますので、参加者ご本人やそのご家族・介助者の方が以下の操作を行える方とします。

  • ①カメラ・マイク付きのパソコンで安定した通信環境のインターネット接続ができる(お手持ちのパソコンにカメラやマイクが付いていない場合にはウェブカメラなどのご用意をお願いします)
  • ②プログラムではアート・コミュニケータと顔を合わせ対話するため、パソコンのカメラをオンの設定にし、ご本人の顔が見えるようにできる
  • ③パソコンでEメールの送受信ができる

参加方法

  • ①下記の申込フォームで参加のお申込み(先着順)
  • ②当館からプログラムの資料と作品カードを送付
  • ※ご案内はメールと郵便の両方でお送りします。
  • ※11月15日頃に発送予定です。
  • ③プログラム当日、資料に記載のZoom(ウェブ会議システム)のURLにアクセス
  • ④接続を開始してプログラムがスタート

申込期間

2021年10月11日(月)〜2021年11月7日(日)
※申込フォームは24時間受付。申込期間であっても定員になり次第、受付を終了します。

申込方法

「アート・コミュニケータと一緒に楽しむおうちでゴッホ展」への参加をご希望の方は、下記の「受付中」ボタンより申込フォームへ進み、必要事項を入力のうえ、お申し込みを完了してください。

  • ※定員になり次第、受付を終了します。

受付中

ご参加にあたってのお願い

  • ・スマートフォンやタブレットの画面では作品やお互いの顔が見づらく鑑賞が難しいため、パソコンをご利用ください。
  • ・参加者の環境やその時の回線状況によりやむを得ず「Zoom」の接続が中断される可能性があります。あらかじめご理解の上お申込みください。
  • ・当日のプログラムは記録のために録画いたします。記録はそのまま外部に提供することはございませんが、当館の活動を伝える当館発行の媒体に一部を掲載する可能性がございます。ご了承の上、ご参加ください。

Museum Start あいうえの 「みる旅」芸術と科学に出会い、過去と未来へ旅する3日間

20世紀を代表する彫刻家イサム・ノグチ、そして第二次世界大戦末期の科学者たちの葛藤と、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの姿を描いた日米合作のビッグプロジェクト『映画 太陽の子』。芸術と科学をめぐるこれらの作品をよく見て、世代を超えた対話を重ねながら、未来について考える想像の旅にでかけます。思考力と感性を高める、夏のスペシャル・プログラムです。

開催日時

オリエンテーション

2021年7月18日(日) 10:00〜12:00

第1回

2021年7月23日(金・祝) 10:00〜16:00

第2回

2021年7月24日(土) 10:00〜16:00

第3回

2021年7月25日(日) 10:00〜16:00

対象

65歳以上の方30名、高校生30名

  • ※祖父母・孫ペアでの参加も歓迎
  • ※定員を超えた場合は、抽選となります

参加費

無料

  • ※展覧会観覧料は実費がかかります(高校生無料、65歳以上は1,100円が必要です)
  • ※本展は日時指定予約を推奨していますが、プログラム参加者の予約方法について、別途ご案内します
  • ※プログラム中の移動費用や昼食は各自負担です

申込期間

2021年6月3日(木)~2021年6月27日(日)

受付終了

「イサム・ノグチ 発見の道」展

会期

2021年4月24日(土)~8月29日(日)

会場

東京都美術館 企画展示室

休室日

月曜日 ※ただし、7月26日(月)、8月2日(月)、8月9日(月・休)は開室

観覧料

65歳以上 1,100円 / 高校生以下無料(日時指定予約実施)
(一般 1,900円 / 大学生・専門学校生 1,300円 )

  • ※本展は日時指定予約を実施します
やわらかい和紙で作られた照明彫刻「あかり」や、自然の生命力を形にとどめた石の作品で名高いイサム・ノグチ。彼は日本人と米国人の間に生まれ、両親の祖国が互いに敵国になるという戦争を経験しています。作品を通して、ノグチの平和への願いや日本文化への洞察、未来に向けた眼差しにじっくりと触れられる展覧会です。

『映画 太陽の子』

出演

柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、田中裕子、國村隼ほか

監督・脚本

黒崎博

プロデューサー

コウ・モリ、土屋勝裕、浜野高宏

配給

イオンエンターテイメント
©️2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

太平洋戦争末期に存在した「F研究」と呼ばれる”日本の原爆開発”を背景に、若者たちの決意と揺れる想いを描いた300日の青春グラフィティ。時代に翻弄されながらも、未来のために全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春群像物語です。
*本作品は2021年8月6日(金)に全国劇場公開。
【クリエイティブ・エイジングに関するお問い合わせ先】
東京都美術館 アート・コミュニケーション係 クリエイティブ・エイジング担当
TEL:03-3823-6921(代表)(平日9:30~17:30)
FAX:03-3823-6920
E-mail:family tobikan.jp