展覧会

特別展

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

Brueghel: 150 Years of an Artistic Dynasty

2018年1月23日(火)~4月1日(日)

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜のポスター

16、17世紀のヨーロッパにおいてもっとも影響力を持った画家一族のひとつであったブリューゲル一族。一族の祖であるピーテル・ブリューゲル1世は、現実世界を冷静に見つめ、人間の日常生活を何の偏見もなく、ありのままに表現した革新的な画家でした。この観察眼は、子から孫、ひ孫へと受け継がれ、一族の絵画様式と伝統を築き上げていくことになります。
父の作品の忠実な模倣作(コピー)を手掛けた長男のピーテル2世。父の自然への関心を受け継いで発展させ、多くの傑作を残したヤン1世。そして、ヤン2世やアンブロシウス、アブラハムといったヤン1世の子孫たちが、一族の作風を受け継ぎ、「ブリューゲル」はひとつのブランドとして確立されていくのです。
本展は貴重なプライベート・コレクションの作品を中心とした約100点の作品により、ブリューゲル一族と、彼らと関わりのある16、17世紀フランドル絵画の全体像に迫ろうという挑戦的な展示になります。

みどころ
○みどころ

1. 画家一族9人の作品が揃い踏み

本展には16世紀フランドル絵画を代表する画家ピーテル・ブリューゲル1世や、2人の息子、孫、さらにひ孫の世代まで、一族に連なる9人の画家の作品が展示されます。それらを見比べることで一族の全体像が見ることのできる貴重な機会となります。

2. ほとんどが日本初公開となる貴重なプライベート・コレクション

本展では、一族の画家たちが生み出した様々なジャンルの作品およそ100点を展示。その多くが、通常観ることのできない貴重なプライベート・コレクションに収められています。そのため、出展される作品のほとんどが日本初公開となります。

3. 一族の得意とした細密描写

今回の出展作品には縦・横30cm未満の比較的小さな作品が多く含まれていますが、いずれも驚くほど細部を描きこんでいます。代々受け継がれた細密な描写は必見です。

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2018年1月23日(火)~4月1日(日)
会場
企画展示室
休室日
月曜日、2月13日(火)
※ただし、2月12日(月・休)は開室
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

前売券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800


当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000


団体券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※団体割引の対象は20名以上


※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください

主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ
協賛
光村印刷
協力
日本通運、JR東日本、CS日テレ、ラジオ日本、文化放送、TOKYO MX、テレビ神奈川
企画協力
NTVヨーロッパ
特別協力
アルテミジア

閉じる

イベント情報

イベント情報
○記念講演会

本展担当学芸員をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。


第1回

日時
2018年1月23日(火) 14:00~15:30
テーマ
「ブリューゲル一族──フランドル神話の立役者──」
講師
セルジオ・ガッディ氏(本展覧会監修者・美術評論家)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

第2回

日時
2018年3月17日(土) 14:00~15:30
テーマ
「ブリューゲル一族と16、17世紀フランドルの絵画制作」
講師
髙城靖之(東京都美術館 学芸員)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

※聴講無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要です。
※当日13:00より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了。開場は13:30です。

○イブニング・レクチャー

本展担当の学芸員による展覧会の見どころを解説します。


日時
2018年2月2日(金) 18:30~19:00
講師
髙城靖之(東京都美術館 学芸員)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

日時
2018年2月23日(金) 18:30~19:00
講師
髙城靖之(東京都美術館 学芸員)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

※聴講無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要です。
※当日、開始時間の20分前より開場し、定員になり次第、受付を終了。

○障害のある方のための
特別鑑賞会 事前申込制

普段は混雑している特別展を障害のある方が安心して鑑賞できるように、休室日に鑑賞会を開催します。


日時
2018年2月26日(月) 10:00~16:00
対象
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方各回350名とその介助者(1名まで)
申込期間
2017年12月25日(月)~2018年1月22日(月)
詳細はこちら>>

閉じる

その他の展覧会