展覧会

上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」

Ueno Artist Project: “Contemporary Realism—Transcending the Photograph and Video”

2017年11月17日(金)~2018年1月6日(土)

上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」のポスター

東京都美術館、東京藝術大学などがある「上野」は、多くの芸術家が育ち、輩出してきた長い歴史のある芸術家のメッカです。なかでも「公募展のふるさと」とも言われる東京都美術館は、さまざまな芸術家の発表と成長の場として大きな役割を果してきました。その歴史の継承と未来への発展のために、一定のテーマを決めて、現在公募団体で活躍している現代作家を紹介するシリーズ「上野アーティストプロジェクト」を開催します。第1回のテーマは「現代の写実― 映像を超えて」です。都市の看板や大型スクリーン、そしてテレビやスマホなどを通して写真やビデオの映像情報がめまぐるしく氾濫する現代社会の中で、絵画でしかできない「現代の写実」を真摯に追及する画家たち9人を紹介します。

出品作家
稲垣考二(国画会)
岩田壮平(日展)
小田野尚之(日本美術院)
小森隼人(白日会)
佐々木里加(女流画家協会)
塩谷 亮(二紀会)
橋本大輔(独立美術協会)
蛭田美保子(新制作協会)
元田久治(日本版画協会)

主な作品

主な作品
  • 稲垣考二《斜面(三面のうち)》

    稲垣考二
    《斜面(三面のうち)》
    2012年 作家蔵

  • 岩田壮平《六々魚》(参考画像)

    岩田壮平
    《六々魚》
    (参考画像)2016年 個人蔵

  • 小田野尚之《発電所跡》

    小田野尚之
    《発電所跡》
    2013年 作家蔵

  • 小森隼人《靑韻》

    小森隼人
    《靑韻》
    2015年 個人蔵

  • 佐々木里加《BRAIN MUSEUM》

    佐々木里加
    《BRAIN MUSEUM》
    2017年 作家蔵

  • 塩谷 亮《晩春近江》

    塩谷 亮
    《晩春近江》
    2016年 個人蔵

  • 橋本大輔《観測所》

    橋本大輔
    《観測所》
    2016-2017年 東京藝術大学蔵

  • 蛭田美保子《光来フラガンシア》

    蛭田美保子
    《光来フラガンシア》
    2016年 作家蔵

  • 元田久治《Foresight – Tokyo Skytree》

    元田久治
    《Foresight – Tokyo Skytree》
    2016年 作家蔵

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2017年11月17日(金)~2018年1月6日(土)
会場
ギャラリーA・C
休室日
11月20日(月)、12月4日(月)、18日(月)、25日(月)、31日(日)、1月1日(月)
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

当日券 | 一般 500円 / 65歳以上 300


団体券 | 一般 400
※団体割引の対象は20名以上


※学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
※同時開催の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」のチケット(半券可)提示にて入場無料

主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)

閉じる

その他の展覧会