展覧会

上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」

Ueno Artist Project: “Contemporary Realism—Transcending the Photograph and Video”

2017年11月17日(金)~2018年1月6日(土)

上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」のポスター
東京都美術館、東京藝術大学などがある「上野」は、多くの芸術家が育ち、輩出してきた長い歴史のある芸術家のメッカです。なかでも「公募展のふるさと」とも言われる東京都美術館は、さまざまな芸術家の発表と成長の場として大きな役割を果してきました。その歴史の継承と未来への発展のために、一定のテーマを決めて、現在公募団体で活躍している現代作家を紹介するシリーズ「上野アーティストプロジェクト」を開催します。第1回のテーマは「現代の写実― 映像を超えて」です。都市の看板や大型スクリーン、そしてテレビやスマホなどを通して写真やビデオの映像情報がめまぐるしく氾濫する現代社会の中で、絵画でしかできない「現代の写実」を真摯に追及する画家たち9人を紹介します。

主な作品

主な作品
  • 塩谷亮《晩春近江》

    塩谷亮
    《晩春近江》
    2016年 油彩、カンヴァス 個人蔵

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2017年11月17日(金)~2018年1月6日(土)
会場
ギャラリーA・C
休室日
11月20日(月)、12月4日(月)、18日(月)、25日(月)、31日(日)、1月1日(月)
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)

閉じる

その他の展覧会