展覧会

特別展

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

Masterpieces of French Landscape Paintings from The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow

2018年4月14日(土)~7月8日(日)

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画
珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れをご紹介します。様々な情景を舞台にした風景画は、その土地のにおいや太陽の煌めき、風にそよぐ木々や街のさざめきをも感じさせてくれます。
なかでも、初来日となるモネの《草上の昼食》では、同時代の人物たちとみずみずしい自然の風景が見事に調和しています。印象派の誕生前夜、26歳となる若きモネの魅力溢れる作品です。ほかにもロラン、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの作品が集います。初夏の上野で、巨匠たちが愛した光と色彩が躍る美しい風景を巡る「旅」をどうぞお楽しみください。

主な作品

主な作品
  • クロード・ロラン《エウロペの掠奪》

    クロード・ロラン
    《エウロペの掠奪》
    1655年

  • クロード・モネ《草上の昼食》

    クロード・モネ
    《草上の昼食》
    1866年

  • ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め》

    ポール・セザンヌ
    《サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め》
    1905年

  • アンリ・ルソー《馬を襲うジャガー》

    アンリ・ルソー
    《馬を襲うジャガー》
    1910年

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2018年4月14日(土)~7月8日(日)
会場
企画棟 企画展示室
休室日
月曜日
※ただし、4月30(月)は開室
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

前売券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※各種観覧券等の詳細は特設WEBサイト


当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000


団体券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※団体割引の対象は20名以上


※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください

主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日、プーシキン美術館、ロシア連邦文化省
後援
ロシア連邦大使館、ロシア連邦交流庁(Rossotrudnichestvo)
協賛
大日本印刷、三井物産
協力
日本航空
特設WEBサイト
http://pushkin2018.jp
お問い合わせ先
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

閉じる

その他の展覧会