展覧会

企画展

「楽園としての芸術」展 Art as a Haven of Happiness

2014年7月26日(土)~10月8日(水)
下川智美(しょうぶ学園) 無題 2014年 ミクストメディア
三重と東京に拠点をもつ「アトリエ・エレマン・プレザン」と鹿児島の「しょうぶ学園」では、ダウン症など障害をもつ人々により、豊かな感性と知性の発露を感じさせる造形作品が日々生み出されています。

ちいさな宝石のような色彩が躍動する世界は、「幸福」や「調和」といった言葉の響きが似つかわしい、祝祭的な輝きに満ちています。 何の気負いもなく、息をするように作品を生み出す彼らの姿は、「真の自由」のあり方を感じさせるものであり、奥深い造形の魅力は、障害という定義の再考を促すものであるでしょう。

このたびは、普段アトリエのスタッフしか目にすることのない、制作のプロセスをもご覧いただき、人の営みにおける「芸術の意味と可能性」をあらためて問う場にしたいと考えています。(出品予定点数:約100点)
○みどころ
「アトリエ・エレマン・プレザン」と「しょうぶ学園」という、知る人ぞ知る両アトリエの本格的な展覧会です。
絵画、立体、刺繍など、多様かつ最新作を数多く含む本展では、アトリエを再現した、会場での作品制作も予定されています(不定期)。
そのため会期中に作品が増えていく様子を、来館者は1枚のチケットで2回までお楽しみいただくことができます。
祝祭的な雰囲気が漂うであろう展示空間では、フレッシュな魅力にあふれた「創造の醍醐味」に触れていただくことができるでしょう。
会期
2014年7月26日(土)~10月8日(水)
会場
ギャラリーA・B・C
休室日
月曜日、9月16日(火)  ※9月15日(月)、9月22日(月)は開室
開室時間
9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
特別展開催中の金曜日と8月12日(火)~8月17日(日)は9:30~21:00 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料
一般 800円 / 団体(20名以上) 600円 / 65歳以上 500円 / 学生 400円 / 高校生以下無料
※それぞれ2回入場可(1枚のチケットでお一人様2回まで)
※同時開催の「メトロポリタン美術館 古代エジプト展」のチケット(半券可)提示にて一般料金より300円引き(「メトロポリタン美術館 古代エジプト展」会期中のみ)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
※アトレクラブビューSuicaカードの提示により、一般料金より200円引き
家族ふれあいの日 シルバーデー 都内教育機関 観覧料免除申請   パパママデー
主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援
朝日新聞社
協力
レモン画翠、ターナー色彩株式会社
特設WEBサイト
○記念講演会
第1回
日時:2014年7月26日(土) 14:00~16:00
テーマ:「創ってきたこと、創っていくこと」
講師:福森伸(しょうぶ学園統括施設長)
第2回
日時:2014年9月15日(月・祝) 14:00~17:00
テーマ:「<楽園としての芸術>を語る」(仮称)
  第一部/講師:高橋源一郎(小説家) 14:00~15:00
  第二部/講師:佐久間寛厚(アトリエ・エレマン・プレザン東京代表)
      聞き手:中原淳行(本展担当者・東京都美術館 学芸員)
※いずれも会場は東京都美術館講堂(定員225名)。聴講無料。
当日13:00より講堂前で整理券を配布。定員になり次第、受付を終了いたします。
13:30に開場します。
福森さん、高橋さん、佐久間さん
左から、福森さん、高橋さん、佐久間さん(左)
○フロアレクチャー
第1回
日時:2014年8月8日(金) 19:30~20:30
担当:中原淳行学芸員
第2回
日時:2014年8月23日(土) 14:00~15:00
担当:中原淳行学芸員
第3回
日時:2014年9月5日(金) 14:00~15:00
担当:水田有子学芸員
第4回
日時:2014年9月28日(日) 14:00~15:00
担当:水田有子学芸員
※いずれも会場は、ギャラリーA・B・C。申込不要。参加費は無料ですが、観覧料が必要です。