展覧会

特別展

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展

Impressionist Masterpieces from Marmottan Monet Museum

2015年9月19日(土)~12月13日(日)
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 ポスター
マルモッタン・モネ美術館には、印象派を代表する画家クロード・モネ(1840-1926)の、86歳で亡くなるまで手元に残したコレクションが所蔵されています。本展は、息子ミシェルから同美術館に遺贈されたこのモネ・コレクションを中心に、約90点をご紹介するものです。子供たちの成長を記録した作品や友人ルノワールによるモネ夫妻の肖像画、旅先の風景画、白内障を患いながらも描き続けた晩年の作品などを通して、モネの豊かな創作の世界に迫ります。

晩年のモネは、光の変化に伴って移り変わる水面を見つめつづけました。ジヴェルニーの庭を描きながらも、睡蓮や太鼓橋の形態は次第に抽象化されていき、色彩溢れる画面が生み出されていきます。ときに荒々しい筆触をみせる最晩年の充実した作品群は、モネの眼を通した水の庭を体感させてくれるでしょう。

さらに本展には、非常に早い時期から印象派の作品を評価したド・ベリオ医師のコレクションから、「印象派」の由来となった《印象、日の出》が期間限定で特別出展されます。
○みどころ
モネが生涯にわたり手放さなかった作品と、モネが購入したり贈られたりして収集した他の芸術家の作品、いわばモネのプライベート・コレクションをご紹介する展覧会です。
モネが後半生を送ったジヴェルニーで描かれた、晩年から最晩年の作品は本展のみどころのひとつです。8点の「睡蓮」のほか、庭に架けた日本風の太鼓橋を描いた「日本の橋」の連作は、なんと6点が一堂に会します。同じ主題を、モネはどのように変奏させていったのか、モネの光の効果の探究を実際の作品でご覧いただくことができます。
会期
2015年9月19日(土)~12月13日(日)
会場
企画棟 企画展示室
休室日
月曜日、10月13日(火)、11月24日(火)
※ただし、9月21日(月・祝)、10月12日(月・祝)、11月2日(月)、11月23日(月・祝)は開室
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日、10月31日(土)~11月2日(月)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
※ただし、9月19日(土)~10月18日(日)の金曜日・土曜日、9月20日(日)~22日(火)、10月11日(日)は9:30~21:00
観覧料
前売券 | 一般 1,400円 / 学生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000
団体券 | 一般 1,400円 / 学生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※団体割引の対象は20名以上
※中学生以下は無料、※9/19(土)~9/30(水)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
家族ふれあいの日 シルバーデー 都内教育機関 観覧料免除申請   パパママデー
主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、マルモッタン・モネ美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ
後援
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協賛
大成建設
協賛
第一生命、光村印刷、セコム、損保ジャパン日本興亜
協力
エールフランス航空/KLMオランダ航空、日本通運、JR東日本、CS日テレ、ラジオ日本、J-WAVE、文化放送、TOKYO MX、テレビ神奈川
企画協力
NTVヨーロッパ

文化庁 美術品補償制度

 
 
○スペシャルトークイベント
事前申込制
モネが過ごした現地での取材経験豊富な原田マハさんならではの視点で語るモネファン必聴の講演会です。
日時2015年9月21日(月・祝) 14:00~15:30
テーマ「世界でいちばん幸福な場所―ジヴェルニー訪問 モネの光を求めて―」
講師原田マハ(作家)
会場東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)
参加方法「モネ展」特設WEBサイトにて、事前申込
※応募者が多数の場合は抽選になります。[申込締切:8月31日(月)]
※参加無料。
○記念講演会
マルモッタン・モネ美術館の収蔵品担当をはじめ、本展学芸員、修復家らがそれぞれのテーマで講演します。
第1回| || 日時|2015年9月19日(土) 14:00~15:30|| テーマ|「《印象、日の出》の真実」|| 講師|マリアンヌ・マチュー(マルモッタン・モネ美術館副館長 収蔵品担当)|| 会場|東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)||
第2回| || 日時|2015年10月25日(日) 14:00~15:30|| テーマ|「20世紀のモネ―晩年の制作とその評価」|| 講師|大橋菜都子(東京都美術館 学芸員)|| 会場|東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)||
第3回| || 日時|2015年11月14日(土) 14:00~15:30|| テーマ|「モネの技法―修復学の見地から―」|| 講師|森直義(森絵画保存修復工房代表)|| 会場|東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)||
※聴講無料、ただし同展観覧券(半券可)が必要です。
※当日13:00より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了。開場は13:30です。
○モネ展 アート・トーク
テレビ番組の公開収録
『東京暇人~TOKYO hi – IMAGINE~』(日本テレビ)の公開収録が行われます。
日時|2015年10月2日(金) 19:00~20:00|| 出演|山田五郎、平野綾|| 会場|東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)||
※聴講無料。当日13:00より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了。開場は18:30です。
※テレビカメラでの収録の際、客席が映り込む場合がありますので、予めご了承ください。収録の模様は、10月10日(土) 2:05(金曜深夜)~、10月16日(土) 2:05(金曜深夜)~、(日本テレビ、関東ローカル)で放送。
○イブニング・レクチャー
本展担当の学芸員による展覧会の見どころを解説します。
日時|2015年10月9日(金) 18:30~19:00|| 講師|大橋菜都子(東京都美術館 学芸員)|| 会場|東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)||
日時|2015年11月6日(金) 18:30~19:00|| 講師|大橋菜都子(東京都美術館 学芸員)|| 会場|東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)||
※聴講無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要です。
※当日18:10より開場し、定員になり次第、受付を終了。
○障害のある方のための
特別鑑賞会 事前申込制
普段は混雑している特別展を障害のある方が安心して鑑賞できるように、休室日に鑑賞会を開催します。
日時|2015年11月30日(月) 10:00~16:00(受付終了時刻は15:00)|| 対象|身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方400名とその介助者(1名まで)|| 申込期間|2015年9月28日(月)~2015年10月19日(月)|| 申込方法|郵送もしくは、ウェブサイトにて、事前申込||
※応募者が多数の場合は抽選になる場合もあります。
※障害のある方のための特別鑑賞会の詳細はこちら>>

その他の展覧会