展覧会

特別展

ゴッホとゴーギャン展

Van Gogh and Gauguin: Reality and Imagination

2016年10月8日(土)~12月18日(日)

ゴッホとゴーギャン展のポスター
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)。19世紀末に活躍し、今なお世界中の人々に愛されてやまないこの二人の画家に焦点を当てた、日本初となる展覧会を開催します。
オランダの牧師の家庭に育ったファン・ゴッホと南米ペルーで幼年期を過ごしたゴーギャンは、生い立ちや性格だけではなく、絵画表現も大きく異なります。ファン・ゴッホは現実の世界から着想を得て、力強い筆触と鮮やかな色彩による作品を生み出し、ゴーギャンは、装飾的な線と色面を用いて、目には見えない世界をも絵画に表現しようとしました。1888年、彼らは南仏アルルで約2カ月の共同生活を送ります。ともに制作し、時には激しい議論を重ねながら刺激を与え合いました。
本展は、ファン・ゴッホとゴーギャンの初期から晩年にわたる油彩画約50点を含む約60点を展示します。二人の画家の特徴を浮き彫りにし、その関係性と芸術性に光を当てます。
みどころ
○みどころ

1. 日本初!「ゴッホとゴーギャン展」

オランダのファン・ゴッホ美術館、クレラー=ミュラー美術館をはじめ、国内外の美術館などの協力を得て開催される、日本で初めての二人展となります。

2. 「リアリティ(現実)」と「イマジネーション(想像)」

展覧会のキーワードです。二人の作品を同じ空間で見比べることで、それぞれの特徴が浮かび上がります。

3. 「最高傑作」、来日。それぞれの「収穫」

ファン・ゴッホ《収穫》、ゴーギャン《ブドウの収穫、人間の悲惨》。それぞれの画家自身が「最高傑作」と認めた2点の「収穫」が並びます。

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2016年10月8日(土)~12月18日(日)
会場
企画棟 企画展示室
休室日
月曜日、10月11日(火)
※ただし、10月10日(月・祝)は開室
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日、10月22日(土)、11月2日(水)、3日(木・祝)、5日(土)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

前売券 | 一般 1,300円 / 大学生・専門学校生1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800


当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000


団体券 | 一般 1,300円 / 大学生・専門学校生1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※団体割引の対象は20名以上


※中学生以下は無料 ※10月8日(土)から10月30日(日)までの土曜日、日曜日、祝日は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください

主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京新聞、TBS
後援
オランダ王国大使館、TBSラジオ、BS-TBS
協賛
三井住友銀行、日本写真印刷、三井物産、損保ジャパン日本興亜
協力
エールフランス航空/KLMオランダ航空、日本航空、オランダ政府観光局

閉じる

イベント情報

イベント情報
○記念講演会

本展監修者をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。


第1回

日時
2016年10月8日(土) 14:00~15:30
テーマ
「ゴッホとゴーギャン―現実と想像」(仮)
講師
シラール・ファン・ヒューフテン(本展監修者・美術史家)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

第2回

日時
2016年11月12日(土) 14:00~15:30
テーマ
「ゴッホとゴーギャン―イメージの反復と転用」
講師
小泉順也(一橋大学大学院准教授)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

※聴講無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要です。
※当日13:00より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了。開場は13:30です。

○イブニング・レクチャー

本展担当の学芸員による展覧会の見どころを解説します。


日時
2016年11月18日(金) 18:30~19:00
講師
大橋菜都子(東京都美術館 学芸員)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

日時
2016年12月2日(金) 18:30~19:00
講師
大橋菜都子(東京都美術館 学芸員)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

※聴講無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要です。
※当日、各開始時間の20分前より開場し、定員になり次第、受付を終了。

○障害のある方のための
特別鑑賞会 事前申込制

普段は混雑している特別展を障害のある方が安心して鑑賞できるように、休室日に鑑賞会を開催します。


日時
2016年11月28日(月) 10:00~16:00
対象
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方400名とその介助者(1名まで)
会場
東京都美術館 企画展示室(企画棟)
申込方法
郵送もしくは、ウェブサイトにて、事前申込

※受付は終了しました。多数のお申し込みをいただきありがとうございました。
※応募者が多数の場合は抽選になる場合もあります。
※障害のある方のための特別鑑賞会の詳細はこちら>>

閉じる

その他の展覧会