展覧会

特別展

ムンク展―共鳴する魂の叫び

Munch: A Retrospective

2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)

ムンク展―共鳴する魂の叫びのポスター
世界で最もよく知られる名画の一つ《叫び》を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。画家の故郷、ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される大回顧展です。
複数描かれた《叫び》のうち、ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は今回が待望の初来日となります。愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返ります。

主な作品

主な作品
  • エドヴァルド・ムンク《赤い蔦》

    エドヴァルド・ムンク
    《赤い蔦》
    1898-1900年
    オスロ市立ムンク美術館蔵

  • エドヴァルド・ムンク《夏の夜、人魚》

    エドヴァルド・ムンク
    《夏の夜、人魚》
    1893年
    オスロ市立ムンク美術館蔵

  • エドヴァルド・ムンク《星月夜》

    エドヴァルド・ムンク
    《星月夜》
    1922-24年
    オスロ市立ムンク美術館蔵

  • エドヴァルド・ムンク《自画像、時計とベッドの間》

    エドヴァルド・ムンク
    《自画像、時計とベッドの間》
    1940-43年
    オスロ市立ムンク美術館蔵

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)
会場
企画展示室
休室日
月曜日、12月25日(火)、1月1日(火)、15日(火)
※ただし、11月26日(月)、12月10日(月)、24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開室
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日、11月1日(木)、3日(土)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

前売券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800


当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000


団体券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800
※団体割引の対象は20名以上


※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください

主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日
後援
ノルウェー大使館
協賛
アトレ、鹿島建設、ショップチャンネル、セコム、東レ、凸版印刷
制作協力
P.I.C.S.、博報堂DYメディアパートナーズ
お問い合わせ先
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

閉じる

イベント情報

イベント情報
○障害のある方のための
特別鑑賞会 事前申込制

普段は混雑している特別展を障害のある方が安心して鑑賞できるように、休室日に鑑賞会を開催します。


日時
2018年11月12日(月) 10:00~16:00
対象
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方各回350名とその介助者(1名まで)
申込期間
2018年8月27日(月)~2018年9月24日(月・休)
詳細はこちら>>

閉じる

その他の展覧会