展覧会

上野アーティストプロジェクト2018 「見る、知る、感じる──現代の書」

Ueno Artist Project 2018: “Contemporary SHO—See, Know and Feel Today’s Calligraphy”

2018年11月18日(日)~2019年1月6日(日)

上野アーティストプロジェクト2018 「見る、知る、感じる──現代の書」ポスター

「公募展のふるさと」と称される東京都美術館の歴史の継承と未来への発展を図るために、2017年より開始したシリーズ「上野アーティストプロジェクト」の第二弾です。本年は書の公募団体に現在所属する作家をテーマ展で紹介し、その魅力を発信いたします。
今回のテーマは「書の鑑賞」です。初めて現代の書を見る方でもお楽しみいただけるように、現代の書ならではの表現を、作家の言葉を手掛かりにご覧いただきます。鑑賞体験を通して、今日の書とは一体どのような表現なのかについて、見て、知って、感じていただきながら、初心者も熟練の方も、皆さまを奥深い書の世界へと誘います。

出品作家
秋山和也(謙慎書道会)
大橋洋之(謙慎書道会)
金敷駸房(創玄書道会)
菊山武士(産経国際書会)
鈴木響泉(朝聞書会)
千葉蒼玄(書道芸術院)

*出品作家の制作風景の動画を配信する予定です。

主な作品

主な作品
  • 金敷駸房《桜の花の咲く頃に》

    金敷駸房
    《桜の花の咲く頃に》
    2017年
    (月島倉庫株式会社 旧月島営業所G3倉庫での展示風景)

  • 秋山和也《ながれゆく》

    秋山和也
    《ながれゆく》
    2017年 作家蔵(参考作品)

  • 大橋洋之《澄懐》

    大橋洋之
    《澄懐》
    2017年 作家蔵(参考作品)

  • 菊山武士《驟雨》

    菊山武士
    《驟雨》
    2007年 個人蔵

  • 鈴木響泉《游方之外》

    鈴木響泉
    《游方之外》
    2014年 作家蔵(参考作品)

  • 千葉蒼玄《3.11 鎮魂と復活》

    千葉蒼玄
    《3.11 鎮魂と復活》
    2012年
    (「千葉蒼玄展 鎮魂と復活PARTⅡ」仙台メディアテークでの展示風景)

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報
会期
2018年11月18日(日)~2019年1月6日(日)
会場
ギャラリーA・C
休室日
11月19日(月)、12月3日(月)、17日(月)、25日(火)、31日(月)、1月1日(火・祝)
開室時間
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室
金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

当日券 | 一般 500円 / 65歳以上 300


団体券 | 一般 400
※団体割引の対象は20名以上


※学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
※同時開催の「ムンク展―共鳴する魂の叫び」のチケット(半券可)提示にて入場無料
※「第63回現代書道二十人展」(東京展)との相互割引
本展のチケット(観覧後の半券可)提示で「第63回現代書道二十人展」(2019年1月2日(水)~7日(月)、日本橋髙島屋)の観覧料金が100円引きとなります。また、「第63回現代書道二十人展」のチケット提示で本展の観覧料金が100円引きとなります。

主催
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援
朝日新聞社、産経新聞社、毎日新聞社、読売新聞社
協力
産経国際書会、毎日書道会、読売書法会
特別協力
北井画廊
お問い合わせ先
展覧会に関すること:東京都美術館 交流係 TEL:03-3823-6921(代表)
広報に関すること:東京都美術館 広報担当 TEL:03-3823-6921(代表)

閉じる

イベント情報

イベント情報
○出品作家による
アーティストトーク

作品を前にして、思い思いのテーマで繰り広げるアーティストトークです。


日時
2018年12月1日(土) 14:00~15:30
作家
大橋洋之、菊山武士、鈴木響泉
会場
東京都美術館 ギャラリーA・C

日時
2018年12月8日(土) 14:00~15:30
作家
金敷駸房、秋山和也、千葉蒼玄
会場
東京都美術館 ギャラリーA・C

※聴講無料。ただし本展観覧券が必要です。
※直接、会場にお集まりください。作家は都合により変更となる場合がございます。

○担当学芸員による
ギャラリートーク

本展担当の学芸員による展覧会の見どころ等をご紹介します。


日時
2018年12月23日(日・祝) 14:00~15:00
講師
東京都美術館 学芸員
会場
東京都美術館 ギャラリーA・C

※聴講無料。ただし本展観覧券が必要です。
※直接、会場にお集まりください。

○Gallery Talk by the Exhibition Curator
(English interpretation provided)
*英語の逐次通訳付きギャラリートーク

December 30 (Sun), 2018 14:00-15:00

Location: In the exhibition galleries


※Prior reservations are not necessary, but an exhibition ticket for that day is required.

○学校向けプログラム
事前申込制

「見る、知る、感じる――現代の書」開催中の平日に、学校の教育活動に対応する鑑賞プログラムを行います。子どもたちが主体的に鑑賞できるよう、事前に教員の方と打ち合わせをし、当日は展示室で鑑賞活動を行います。2種類のプログラムから選択してお申込みください。


Museum Start あいうえの「うえのウェルカムコース」

学芸員やアート・コミュニケータと共に展示作品を楽しみ、その後特製のツールを使ってミュージアム・ブック作りをします。プログラムの所要時間は1時間30分から2時間程度。クラブ活動やクラス単位から受け付けます。
参加を希望する学校は、「Museum Start あいうえの」のウェブサイトの応募フォームからお申し込みください。


お気に入り発見ツアー

展示作品の前で担当学芸員の話を聞き、その後、自分のお気に入りの作品を見つけます。所要時間1時間程度。
下記の「申込フォーム」よりお申し込みください。先着3校まで。

閉じる

その他の展覧会