展覧会

企画展

大地に耳をすます 気配と手ざわり

The Whispering Land: Artists in Correspondence with Nature

2024年7月20日(土)~10月9日(水)

大地に耳をすます 気配と手ざわり

本展では自然に深く関わり制作をつづける現代作家5人をご紹介します。野生動物、山の人々の生業、移りゆく景色や植生、生命の輝きや自然の驚異を捉えた作品は、自然とともに生きるつくり手の瑞々しい歓喜に溢れています。同時に、ときに暴力的に牙をむき、したたかな生存戦略をめぐらせる自然の諸相を鮮烈に思い起こさせ、都市生活では希薄になりがちな、人の力の及ばない自然への畏怖と敬意が認められます。未開の大自然ではなく自然と人の暮らしが重なる場から生まれた彼らの作品は、自然と人の関係性を問い直すものでもあります。
古来人間は、自然の営みに目を凝らし、耳をすまし、長い年月をかけて共生する術を育んできました。自然に分け入り心動かされ、風土に接し生み出された作品は、人間中心の生活のなかでは聞こえにくくなっている大地の息づかいを伝えてくれます。かすかな気配も捉える作家たちの鋭敏な感覚をとおして触れる自然と人のあり様は、私たちの「生きる感覚」をも呼び覚ましてくれるでしょう。

出品作家(五十音順)
榎本裕一
川村喜一
倉科光子
ふるさかはるか
ミロコマチコ

みどころ
○みどころ
  1. 1. 自然とともに生きるよろこび
    都市を出て、豊かな自然と風土に身をおいたつくり手をご紹介します。 川村喜一が移住者としての新鮮なまなざしで撮影した知床の日常や、榎本裕一が魅了された極寒の根室の景色をモティーフとした作品が、東京の展覧会場に自然の息吹を伝えます。
  2. 2. 空間にあわせた新作
    ミロコマチコは、東京都美術館の個性的な広い空間に合わせて、生命のうごめく奄美大島をイメージしたインスタレーションを制作。ふるさかはるかは、取材地の漆を使った15枚組みの大きな木版画に取り組み、青森の木立のような展示空間をつくります。
  3. 3. 5人の現代作家による多彩な作品
    写真、木版画、油彩画、水彩画、インスタレーションなど5人の現代作家による多彩な作品を展示。倉科光子による東日本大震災の津波と復興がもたらす植生の変化を捉えつづける作品をはじめ、さまざまな角度から人と自然の関係を見つめ直します。

閉じる

展覧会基本情報

展覧会基本情報

会期
2024年7月20日(土)~10月9日(水)
会場
ギャラリーA・B・C
休室日
月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)
※ただし、8月12日(月・休)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・休)は開室
開室時間
9:30~17:30、金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料

一般 1,100円 / 大学生・専門学校生 700円 / 65歳以上 800


  • ※高校生以下無料。
  • ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料。
  • ※高校生、大学生・専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示ください。

[各種割引]

  • ※同時期開催の特別展「デ・キリコ展」「田中一村展 奄美の光 魂の絵画」のチケット提示にて各料金より300円引き(1名1回限り、他の割引との併用はできません)
  • ※事前予約は不要。ただし、混雑時に入場制限を行う場合があります
  • ※10月1日(火)は「都民の日」により、どなたでも無料

[サマーナイトミュージアム割引]

  • ※7月26日(金)、8月2日(金)、9日(金)、16日(金)、23日(金)、30日(金)の17:00以降は、一般及び65歳以上は各料金より200円引き、大学生・専門学校生は無料(証明できるものをご提示ください)
    *他の割引との併用はできません
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
特別協力
株式会社ツガワ
協力
合同会社 北暦、株式会社ミシマ社、Gallery Camellia、青森公立大学 国際芸術センター青森
展覧会公式サイト
https://www.tobikan.jp/daichinimimi

閉じる

イベント情報

イベント情報

●アーティスト・トーク
川村喜一
ふるさかはるか

展覧会会場にて、出品作家から制作の様子や作品についてお話をうかがいます。

日時・講師
7月20日(土) 14:00~川村喜一 14:25~ふるさかはるか
会場
東京都美術館 ギャラリーC

  • ※事前申込不要。
  • ※聴講無料。ただし、本展観覧券が必要です。直接会場にお集まりください。
  • ※手話通訳あり。

●アーティスト・トーク
倉科光子

展覧会会場にて、出品作家から制作の様子や作品についてお話をうかがいます。

日時
8月4日(日) 11:00~11:40
講師
倉科光子
会場
東京都美術館 ギャラリーB

  • ※事前申込不要。
  • ※聴講無料。ただし、本展観覧券が必要です。直接会場にお集まりください。
  • ※手話通訳あり。

●トークイベント
漆・藍・土
自然と「ともに」つくる木版画

木版画を自然と関わる手段と考える、ふるさかはるか。本展には青森での取材から生まれた新作を出品します。新しい素材に挑戦する制作過程や自然素材とのやりとりのなかで感じたことなどお話をうかがいます。
イベント終了後、昨年出版された、ふるさかの作品集『ことづての声/ソマの舟』のサイン会を開催します。

日時
8月24日(土) 10:30~12:00
講師
ふるさかはるか(出品作家) 聞き手 大橋菜都子(東京都美術館 本展担当学芸員)
会場
東京都美術館 アートスタディルーム(交流棟2階)
定員
50名

  • ※事前申込制(先着順で定員に達し次第申込締切)
  • ※聴講無料
  • ※手話通訳あり

●キッズ+U18デー

小・中・高校生や乳幼児をお連れの保護者の皆様のために、展覧会を特別に無料でオープンします。夏休みの1日を涼しい美術館で楽しみませんか?

日時
8月26日(月) 10:00~15:00(入室は14:30まで)
対象
高校3年生以下とその保護者
小学校3年生以下は保護者同伴での入室をお願いします。
大人(大学生以上)のみでの入室はできません。
会場
東京都美術館 ギャラリーA・B・C

  • ※事前申込不要
  • ※参加費無料
  • ※当日のプログラム等の詳細は、「キッズ+U18デー」をご確認ください。
  • ・広報・記録用に録音・撮影を行うことがあります。ご了承ください。

●トークイベント
倉科光子 × 平吹喜彦

東日本大震災の津波と復興がもたらす植生の変化を捉えつづける倉科光子。観察に基づき描く「tsunami plants」(ツナミプランツ)のシリーズには、その土地の歴史が刻まれています。仙台市新浜地区を拠点に人の営みと密接にかかわる「海岸エコトーン」(海と陸、川が出合う境界領域)の調査・保全に携わられてきた平吹喜彦氏をお招きし、震災後、里浜で何が起きてきたのか、倉科が描いた景色が生まれた背景をひもといてゆきます。

日時
8月31日(土) 14:00~15:30
講師
倉科光子(出品作家)、平吹喜彦(東北学院大学地域総合学部地域コミュニティ学科 教授)
会場
東京都美術館 講堂
定員
220名

  • ※事前申込不要。13:30より受付開始、定員になり次第受付終了
  • ※聴講無料
  • ※手話通訳あり

●ダイアローグ・ナイトwithとびラー

金曜日の夜間開室の時間に、東京都美術館で活動するアート・コミュニケータ(とびラー)と一緒に、ゆったり展覧会を巡りませんか?お話ししながら、作品世界を楽しむ鑑賞プログラムです。

日時
①8月30日(金) 18:45~19:15(18:30~受付)
②9月6日(金) 18:45~19:15(18:30~受付)
③9月13日(金) 18:45~19:15(18:30~受付)※手話通訳あり
対象
中学生以上
会場
東京都美術館 ギャラリーA・B・C
定員
各回15名程度、先着順(要事前申込。定員に達し次第申込締切)

  • ※参加費無料。ただし、本展覧会の観覧券が必要です。
  • ※お申し込みはこちら

●ダイアローグ・デイwithとびラー

水曜日の午前中に、東京都美術館で活動するアート・コミュニケータ(とびラー)と一緒に、ゆったり展覧会を巡りませんか?お話ししながら、作品世界を楽しむ鑑賞プログラムです。

日時
①9月4日(水) 11:15~11:45(11:00~受付)※手話通訳あり
②9月11日(水) 11:15~11:45(11:00~受付)
対象
どなたでも
会場
東京都美術館 ギャラリーA・B・C
定員
各回15名程度、先着順(要事前申込。定員に達し次第申込締切)

  • ※参加費無料。ただし、本展覧会の観覧券が必要です。
  • ※お申し込みはこちら

●トークイベント
川村喜一に聞く
知床の暮らしと制作

2017年に「自然と表現、生命と生活」を学び直すため、北海道・知床に移住した川村喜一(写真家・美術家)。アイヌ犬ウパシを家族に迎え、狩猟免許を取得し、知床に根を下ろした、いまの暮らしと制作についてお話をうかがいます。

日時
9月22日(日) 14:00~15:30
講師
川村喜一(出品作家) 聞き手 大橋菜都子(東京都美術館 本展担当学芸員)
会場
東京都美術館 アートスタディルーム(交流棟2階)
定員
50名

  • ※事前申込制(先着順で定員に達し次第申込締切)
  • ※聴講無料
  • ※手話通訳あり

閉じる

その他の展覧会