壁は橋になる
Walls & Bridges

作家・作品

増山 たづ子顔写真

増山 たづ子Tazuko Masuyama

(1917-2006)

生前「カメラばあちゃん」の愛称で親しまれた増山たづ子。
故郷の岐阜県旧徳山村と村民を記録するため、還暦を過ぎてから写真の撮影に挑戦、10万カットにも上る撮影を行った。村は彼女の没後、ダム建設によって消滅した。

作家の言葉

写真というのは妙なもんでな、写真を通してな、いままで気がつかなかった村の美しさ、それから人の表情の美しさというのがわかったな。ますます好きになってまったで、こん村が。

増山たづ子『ふるさとの転居通知』、情報センター出版局、1985年、55頁。

Photography is a curious thing. Through photography, I have come to truly know the beauty of my village and beauty of the faces of people living there. I like it more and more, this village.

Tazuko Masuyama, Hometown Relocation Notice, Joho Center Publishing Co., Ltd., 1985, p. 55.

  • 1976年 増山たづ子の遺志を継ぐ館

    1976 Private Collection

  • 1981年 増山たづ子の遺志を継ぐ館

    1981 Private Collection

  • 1986年 増山たづ子の遺志を継ぐ館

    1986 Private Collection